あかるい職場応援団
厚生労働省

「ハラスメント基本情報」裁判例を検索しよう

裁判例を検索しよう

検索内容を変更する

裁判例を14の切り口で複数検索

実際に裁判で扱われたハラスメントについて、主にパワハラに関してはその事例の特徴ごとに、「身体的な攻撃」型、「精神的な攻撃」型などのパワハラの6類型に分類しています。その他にも、会社の責任が問われた裁判例、パワハラと認められなかった裁判例やセクハラに関する事例など全部で14の切り口から裁判例を分類して掲載しています。実際にどのような行為について、企業や加害者の責任が問われているのか確認してみましょう。

検索したい項目をチェック(複数可)

(1)パワハラの行為の特徴

(2)その他の特徴

(3)セクハラの行為の特徴


検索結果一覧

あなたが検索した結果 21~30件/66 件

第46回

「上司の部下に対する指導が典型的なパワハラに相当するものであり、その程度も高いものであったとされた事案」

地公災基金愛知県支部長(A市役所職員・うつ病自殺)事件 名古屋高裁
平22.5.21判決
第45回

「上司の発言が業務起因性の判断の際の要素として考慮された事案」

国・奈良労基署長(日本ヘルス工業)事件 大阪地裁
平19.11.12判決
第44回

「労働者に対して会社が課した就業規則の書き写し等の教育訓練が、裁量権を逸脱、濫用した違法なものであるとして、損害賠償請求が認められた事案」

JR東日本(本荘保線区)事件 最高裁二小
平8.2.23判決
仙台高裁秋田支部
平4.12.25判決
第43回

「警察署の課長らの行為が不法行為と判断された事案
警察署の課長らが個人として損害賠償責任を負うことはないと判断された事案」

東京都ほか(警視庁海技職員)事件 東京高裁
平22.1.21判決
第42回

「部下の私的な生活範囲に対する会社上司の関与が不法行為にあたると判断された事案」

ダイエー事件 横浜地判
平2.5.29判時
第41回

「先輩社員のパワハラに対する会社の対応がパワハラ防止義務違反及び不法行為と判断された事案
飲酒後の先輩社員の自宅送迎中の交通事故について会社に何らかの責任を問うことはできないと判断された事案」

日本土建事件 津地裁
平21.2.19判決
第40回

「同僚間の暴行について使用者に損害賠償責任を認めると共に、同暴行に起因する欠勤中の解雇を無効とした例」

アジア航測事件 大阪地裁
平13.11.9判決
第39回

「暴行及び謝罪強制が不法行為と判断された事案」

ヨドバシカメラほか事件 東京地裁
平17.10.4判決
第38回

「一連の行為が、労働者を孤立させ退職させるための"嫌がらせ"と判断され、代表取締役個人及び会社の責任が認められた事案」

国際信販事件 東京地裁
平14.7.9判決
第37回

「無効な出向命令を維持して就労させたことや出向中の人事考課が不法行為と判断された事案」

日本レストランシステム(人事考課)事件 大阪地裁
平21.10.8判決

1 2 3 4 5 6 7